2003年外国の読みものシリーズ

このセットは、現在販売しておりません。
在庫のある書籍は、単品で、もしくは最新のセットの1冊としてお買い求めいただけます。
最新のセットの情報はこちらをご覧下さい。






パトリシア・ライリー・ギフ 作
もりうち すみこ 訳

四六判/224ページ
2003年2月発行
ISBN978-4-378-00769-4
定価:本体1500円+税
『ジャガイモがやられりゃ、わしら飢え死にするまでよ』
 頭の中で、ショーンの祖母の声が鳴り響く。わたしにははっきりと見えた。ジャガイモの茎という茎は力なくたがいに寄りかかり、しおれた葉からきたない汁がたれている。わたしはスカートのすそで鼻をおおい、思わず家の外壁まであとずさりした。のどがつまる。
 十九世紀、アイルランドのジャガイモ飢饉。絶望的な状況に屈することなく、家族を助け生きぬこうとするノリーだった……。
【作者あとがきより】
 その時です。わたしの心の中にアンナという名の老婆が生まれたのは。彼女はわたしの心からどうしても立ち去ろうとしません。ノリーという少女も生まれました。祖母ジェニーそっくろの、そばかすのある黒髪の少女。そして、それら19世紀のアイルランドの女たちが、なんとかして生きのびようと闘った日々と、彼女たちの強さと運が、わたしに見えてきました。……わたしは原稿用紙を一枚、岩の間にはさみこみ、願をかけました。「どうか、当時のことをわたしに正しく語らせてください。子どもたちや孫たちに語りつぎたいのです。すべての人に知ってほしいのです。」
●……パトリシア・ライリー・ギフ



もうひとりの息子


ドリット・オルガッド 作
樋口 範子 訳

四六判/208ページ
2003年3月発行
ISBN978-4-378-00770-0
定価:本体1400円+税

絶版です
 ひとり息子の戦死を機に、こころを閉ざしたユダヤ人女性ミリアム。地域医療につくそうと、アラブ村をとびだした医学生ハミッド。ふたりを結ぶ接点は、どこをさがしてもなかった。不動産屋の紹介で、ハミッドがミリアムの家を訪れるまでは……。
 運命のいたずらは、ふたりを思わぬ共同生活へとみちびき、ミリアムはひとときの平安を得る。だが、ガラス細工のような日々が長く続くことはなかった。折しも燃え上がろうとする戦火が、ふたつの民族を分かつように。



絶版です

ジョーン・リンガード 作
定松 正 訳

四六判/256ページ
2003年3月発行
ISBN978-4-378-00768-7
定価:本体1600円+税
だれかに見られてる!?
と、そのとき、なにかの気配を感じて、わたしはふたたびうしろをふり返った。すると、あの女の子が、ちょうど門の前を通りかかりざま、こっちをじいっと見つめたのだ。その子のするどい視線に、わたしは一瞬、背中から首すじのあたりまで、ゾクッと寒気をおぼえた。なんだろう、悪い夢でも見ているのかしら……。
やがて明かされる家族の秘密。揺らぐ父への信頼。――不吉な予感。



ソルジャー・マム

アリス・ミード 作
若林 千鶴 訳

四六判/256ページ
2003年4月発行
ISBN978-4-378-00781-6
定価:本体1600円+税
絶版です
 海辺の小さな町、ストラウドウオーターに住むジャスミンの夢は、大好きなバスケットボールで奨学金をもらって、大学に進学すること。でも、職業軍人である母さんが戦地へおもむくことになって……。
 1990年8月、イラクがクウェートに侵攻し、湾岸戦争に発展したとき、アメリカは約三万七千人の女性兵士を戦場におくりました。これは、突然の招集で母親を奪われ、一歳の弟とともに母親のボーイフレンドと暮らすことになった少女ジャスミンの成長と「新しい家族のありかた」を考える物語です。





デボラ・エリスド 作
もりうち すみこ 訳

A5判/192ページ
2003年4月発行
ISBN978-4-378-00782-3
定価:本体1300円+税
廃墟となった村には、生き物の気配がまったくなかった!
 
 立ちつくすパヴァーナの耳に、かすかな風に運ばれて、か細い泣き声が聞こえてきた。子ねこだろうか。村はずれの家から聞こえてくるようだ。そっと近づき、入り口に立つ。家は屋根の一部がくずれ落ち、部屋の真ん中に瓦れきの山ができている。パヴァーナは、瓦れきごしに声のするほうを見た。子ねこではない。部屋のすみにいたのは、赤ん坊だった……。
 たびかさなる戦乱で荒廃した、アフガニスタン。家族をさがして荒野をさすらう少女が旅の途中で見たものは?