心に残ってほしい……。





既刊4冊

※現在、このセットは販売していません。
在庫のある書籍のみ、単品でお買い求めいただけます。



◆オールド・ブルー
―世界に1羽の母鳥―


メアリ・テイラー作
百々佑利子訳
ISBN978-4-378-00107-4
定価:本体1400円+税
絶滅寸前のブラックロビンを救った世界でたった一羽の母鳥オールド・ブルーの一生と、その保護活動に力をつくした人々の真実の記録を描いた美しい絵本です。

◆絵で見るある町の歴史
―タイムトラベラーと旅する1,2000年―

スティーブ・ヌーン絵
アン・ミラード文
松沢あさか訳
ISBN978-4-378-00108-1
定価:本体2,200円+税
  • ある川のほとりの集落が、近代的な街に変わるまでの12000年の歴史を描いた27×35.5㎝の大型絵本!
  • ページをめくるたびに、新しい時代が見開きで現れます。
  • 迫力ある細密画には、町とそこに暮らす人びとの様子――建物、服装や食べ物、どんな出来事があったか――が生き生きと描かれています。

◆ワシとミソサザイ(品切)

ジェーン・グドール再話
アレキサンダー・ライヒシュタイン絵
百々佑利子訳
ISBN978-4-378-00109-8
定価:本体1,400円+税
いちばん空高く飛べるのはだれか?……スコットランドの有名な民話『ワシとミソサザイ』のお話です。世界で著名な動物行動学者ジェーン・グドールの、子どものころお気に入りだったこのお話が、美しい絵本になってよみがえりました。グドールの、動物たち、鳥たちへのあたたかいまなざしが光ります。

◆あおむしのぼうけん

イルムガルト・ルフト作
松沢あさか・花岡昭子共訳
ISBN978-4-378-04110-0
定価:本体1,400円+税
緑のトンネルの下、車のとおる道路を1ぴきのあおむしがヤマゼリをめざしてわたっていく……一歩一歩、前へ前へ。
食草をもとめるあおむしの生態を、美しい色彩と大胆な構図で描いた、ドイツの大型絵本です。