大型絵本/世界の歴史


スティーブ・ヌーン/絵
アン・ミラード文
松沢あさか、高岡メルヘンの会/訳
27×35.5㎝/32ページ/2000年10月発行
ISBN978-4-378-00108-1
定価:本体2200円+税


  • 27×35.5㎝の大型絵本!
  • ページをめくるたびに、新しい時代が見開きで現れます。
  • 迫力ある細密画には、町とそこに暮らす人びとの様子――建物、服装や食べ物、仕事、どんな出来事があったか――が生き生きと描かれています。
  • 12,000年前から、現代にいたる町の歴史の道筋を、じっくり味わうことができます。
内容見本
画像をクリックすると、拡大します。(左右各約280kB)

★2001年5月5日の産経新聞より
  • この「絵で見るある町の歴史」が、第48回産経児童出版文化賞大賞を受賞しました。
  • 川のほとりの“ある町”の歴史を1万2千年ほどさかのぼって、そこに住む人びとの暮らしぶりや生産活動の今にいたるまでの移り変わりを、克明に描き込んだ「絵本・歴史パノラマ」である、というのがこの本の紹介です。
  • この受賞が決まったとき、訳者の松沢あさかさん(写真右)と高岡メルヘンの会の川畑たか子さん(同左)とそのメンバー、そして小社はたいへんうれしく思ったのでした。

 

 



絵で見るある港の歴史

スティーブ・ヌーン=絵
アン・ミラード=文
松沢あさか=訳

定価:本体2200円+税
判型・体裁:27*261cm/32ページ
発行年月:2006年12月
ISBN978-4-378-04115-5
NDC209

 さあ、いよいよ船出です。この船旅は、時をこえて一つの港に立ち寄るふしぎな旅です。
 数千年のむかし、自然の入り江は、小さな漁村にとって、理想的な交易の場でした。その同じ場所が、いまでは活気あふれる近代的な港湾都市になっています。この変化は、どのようにして起こったのでしょう?
 時代時代の人びとの暮らしぶりをじっくりながめてください。見れば見るほど、新しい発見があるでしょう。

 左は、なんとも情けない「災難にとりつかれた男」です。子孫達も、なぜかみな、この点ではよく似ています。
 この男たちを画面の中からさがしましょう。さがすうちに、きっと多くのことが見えてきます。
・その時代のようすを、見開き27×70㎝の大画面、迫力ある細密画で描いています。
・時代とともに変わっていく船の形や動くしくみ、交易の物品、建物、人びとの暮らしぶりなど、見れば見るほど新しいおどろきと発見があります。


クリックで全体が拡大します。