本のくわしい解説

ケガの巻(ケガ・病気・からだの本①)
  • 著者:鈴木 篤著/田島董美絵
  • 定価:本体1500円+税
  • 判型・体裁:B5変型判/64ページ
  • 発行年月:1999年6月
  • ISBN978-4-378-02801-9
  • NDC490

 人間のからだには、血が出ても、自然に血を止める力があるし、傷から入ってくる細菌とたたかう力があります。そして、傷をふさいで、もとのようになおす力もそなわっています。この力を“自然治癒力”といいます。
 自然治癒力とは、いったいどんなしくみなのでしょう。ケガをしたとき、どのようなことがからだの中で起こっているのでしょう。身近に起こりやすいケガを例にあげながら、そのことを考えてみましょう。

「ケガ・病気・からだの本」のページに戻る