さ・え・ら書房編集室雑記(2004/02/27) Topへ戻る

  • 陸・海・空の自衛隊のイラク派遣(派兵)が本格化し、特に事件がない限り、そのこと自体はニュースではなくなりつつあります。そして、それに合わせるかのように、自衛隊のイラク派遣の支持率もあがり、また、小泉内閣の支持率も、5割ほどになったといいます。
  • 十分の議論がなされず、国民の大多数が反対していた海外派兵も、こうやって既成事実化していくにしたがって、反対の声が小さくなっていくのは、残念なことです。
  • 国会の論議を見ていても、答えるほうは、いかにはぐらかすか、いかにごまかすか、なんどでも同じ答えをするか……。見聞きしていて、なんともむなしくなります。
  • もしもどなたかが戦地で亡くなったら、きっと、「その人の死を無駄にしてはいけない」といった話になるのだと思います。
  • 2004年4月から消費税込みの総額表示が義務化されるのに伴い、サイトの定価表示を、消費税込みに改めました。総務省によると、「いくら払えばいいか、消費者にわかりやすくするため」といいますが、明らかに、消費税を上げるときのための、消費税隠しが目的でしょう。
  • 書籍の場合は、再版定価販売がなされています。そして、商品の一部(カバーとか奥付)に価格が刷り込まれているので、消費税が変わるたびにそれを刷り直すわけにはいきません。そこで、出版業界としては、スリップ(売り上げカード)に総額表示をすることになりましたが……手間とコストを考えると、あたまが痛いです。
  • 暖かくなって、ウメの花や早いサクラが咲き、冬の鳥たちもそろそろ北へ旅立ち始めました。しばらくのあいだ、鳥たちのすがたが減って、ちょっと淋しくなりますが、しばらくすると、南から鳥たちが渡ってきます。春の渡りでは、どんな鳥に逢えるでしょう。
シロハラです(2004/02、北本自然公園) モズ♀です(2004/02、葛西臨海公園)

(写真はクリックで拡大します)

(記)浦城信夫
前回の『編集室雑記』を見る