さ・え・ら書房編集室雑記(2008/05/04) Topへ戻る

◆福田内閣の支持率が20%を切るほどになり、不支持率は60%を越えるほどになったと、新聞に報じられていました。この数字がどこまで確かなのかわかりませんが、少なくとも福田政権がかなり厳しいのは確かでしょう。
◆思えば、福田政権が誕生するとき、わたしは、麻生さんよりは福田さんのほうが安心感があると思ったのでした。官房長官時代の福田さんは、飄々としたふんいきで、いろいろなことを上手に説明していたと思ったものでした。ところが、首相になったら、そのような説明では、無責任、他人事ということになるということが、はっきりとわかりました。英首相のサッチャーさんのやったように、きちんと説明すれば、それが国民にとってはきついことでも、わかってもらえると思うのです。

◆人生において(^_^;)、年齢での線引きはいろいろなものがあります。義務教育の開始年齢は満6歳、死刑は18歳から、選挙権やお酒は20歳から、60歳前後で定年制度……。
◆しかし、このたびの75歳からの後期高齢者医療制度は、なんとも悲しいものでありました。団塊世代のわたしとしては、いまはまだ「前期高齢者」であるわけだけれど、このまま無事に生きのびて、ある日「後期高齢者」と呼ばれてそういう医療制度の適用を受けたとしたら、「もう、生きるていられるのは迷惑だ」と言われているような気持ちになるのではないかと思うのです。

◆新学期前に発売予定の本が少し遅れましたが、すべてそろい、ちょっと落ち着いた時間です。本日、毎年上野公園の噴水池の前で行われている『上野の森 親子フェスタ』に行ってきました。天気予報によると、この連休は晴れのはずでしたが、3日は雨で、この催しは中止。本日も曇り空の一日となりました。しかし、昨日の中止を補うように、多くの人が訪れたのでした。小社もテントを借りて出店をしたのでした。
◆上野動物園のジャンアントパンダのリンリンが死んだことで、上野動物園はどうなっているかな……と門のほうに行ってみると、なんと5月4日は開園記念日だそうで、入場料無料(^o^)/ということで覗いてきました。
◆アザラシに餌をやっているプールがありましたが、そこに野生のアオサギがしっくりととけ込んでいました。動物園のなかの動物は目立たないということなのでしょう。
チュウシャクシギ('08/05、埼玉) 親子フェスタ('08/05、上野公園) アオサギ('08/05、上野動物園)

(写真はクリックで拡大します)

(記)浦城信夫
前回の『編集室雑記』を見る