さ・え・ら書房編集室雑記(2013/02/18) Topへ戻る


◆2月8日、東京會舘で行われた、第58回青少年読書感想文全国コンクールの表彰式に出席してきました。小学校中学年の部の内閣総理大臣賞には、小社発行の『ここがわたしのおうちです』 の感想文を書いた、馬上さん(いわき市立第五小学校4年)の作品がえらばれました。東日本大震災の自身の体験を交えながら、引っ越していった友人への思いをつづった、心優しい感想文でした。
◆訳者の渋谷さんもお祝いにかけつけ、たのしいひとときでした。(左下写真……拡大写真はありません。)

◆秋に植えたチューリップの球根が芽を出しました。社のベランダや入り口付近に、草花を置いているのですが、冬はどうしても、手入れが行き届きません。ほとんどが枯れているし、水やりの必要もないし、寒い、冷たい……。
◆Top頁にも紹介しましたが、このたび、『小さなたね』 という絵本が刊行されました。植物をそだてる、作物を収穫する……そんなよろこびが伝わってくる絵本だと思います。

◆先日、社の近く、市ヶ谷の堀端で、ゴイサギという野鳥を見ました。わたくし、バードウォッチングを始めて、10年ちょっとになりますが、市ヶ谷でゴイサギを見るのは初めてでした。あわててカメラを持ってきて、撮影したのでした。
受賞者の馬上さんと訳者の渋谷さん

(写真はクリックで拡大します)
(記)浦城信夫
前回の『編集室雑記』を見る