さ・え・ら書房編集室雑記(2018/08/30) Topへ戻る


◆小社から『知っていますか?SDGs』が出ます。「ユニセフとめざす2030年のゴール」という副題がついていますが、このゴール、どこまで実現できるか肝になると思います。
◆人類、すべての生き物、地球環境……これらがこれからどうなるかということを考えるとき、人類が一番責任をもつ立場でしょう……人類がそれだけの力を持ってしまったということです。
◆「まずは人類が絶滅するのが、地球にとって一番!」という考えもありますが、そのあと、どうなるかはまったくわからないので、取りあえずは、いま現在の人類が地球の未来を、できるかぎり良いものにしていくことが大切だと思います。


◆地球の未来、日本の未来についての“責任”ということを考えると、わけがわからなくなります。
◆日本は、第二次大戦後、70年間も一度も参戦しないできました。その間、米国は、朝鮮戦争、ベトナム戦争、中東戦争など、多くの戦争をしてきました。そして、イギリスなど、ヨーロッパの国々も、参戦しました。
◆いま、日本は、「責任を全うする」という雰囲気で、「参戦」への道を突き進んでいるような気がしてなりません。憲法を変えようとしたり、「集団的自衛権の行使」の拡大解釈とか……安倍晋三首相は、日本の将来にどのような姿を描いているのでしょうか。


◆猛暑、大雨、台風の多さ……この夏は、暴力的ともいえる天候でしたが、今年のお盆休みも、佐賀県唐津市に帰省してきました。佐賀は、高い山はありませんが、川と海が美しく、そこで生まれたわけではないのに、ホテルから見たの松浦川は、なにか懐かしい気持ちになりました。
◆大林宣彦監督の反戦映画?「花筐(はながたみ)」は、唐津が舞台でしたが、そのロケ地のひとつ、立神岩(たてがみいわ)に寄りました。不思議な形の玄武岩でした。
◆40年程前に行ったことがある名護屋城跡にいきました。整備がすすみ、見違えるような景観になっていました。秀吉は、どんな思いでこの地から海を見たのだろう……と思ったのでした。
◆例年、羽田⇒福岡→唐津→福岡→京都→東京、というお盆の旅行でしたが、今年は、生まれて初めて、佐賀市に行ってみたのでした。「グリコ」発祥の地が佐賀市だということもはじめて知った旅でした。(佐賀県立美術館で行われた「グググ!! グリコ展」を見学。おもしろかったです。)


松浦川(唐津) 立神岩(唐津) 七ツ釜(呼子)
名護屋城跡(唐津) オナガミズアオ(佐賀・旅館) グググ!!グリコ展(佐賀)

(写真はクリックで拡大します)
(記)浦城信夫
前回の『編集室雑記』を見る